ディズニー・フェアリーテイル・ウェディング(FTW)

打ち合わせ(司会者さん)

司会者さんとの最初の接点

司会者さんを男性にするか女性にするかの希望は第1回目の打ち合わせで伝えてあると思います。その後、時期が近づいてくると司会者さんから直接電話で連絡があります。その電話が司会者さんとの初めての接点となります。

司会者さんと打ち合わせ日時の相談を行います。打ち合わせは基本的にはアンバサダーホテルのブライダルサロンで行いますが、日程の都合がどうしても合わない場合は、別の場所で行われることもあるようです。

打ち合わせ

司会者さんとの打ち合わせは、第2回目の担当者さんとの打ち合わせ時に提出した進行表をもとに行われます。セレブレーションウェディングのプランは、キャラクターが出てくる部分(ケーキカット)以外は自由に決められるので司会者さんと相談の上、当日の進行を決めていきます。司会者さんからいろいろとヒアリングされると思いますので飾らず答えましょう(笑)

ここからは司会者さんにより進め方が違うかもしれませんので、私たちの場合を例にして説明しますね。

ブライダルサロンで打ち合わせする内容は、お二人が提出した進行表をもとに披露宴のスタートからシミュレーションするような感じでタイムスケジュールを確定させていきます。たとえば、
「入場後にお二人のプロフィールを簡単に紹介します」
「ここで主賓の○○様のスピーチを入れます」
「キャラクターが登場します」
「ファーストバイトはしますか」
「お二人のお友達の余興を行います」
といった感じです。
司会者の方からこんなことはやってみたいですか?というような提案もあると思います。

当日司会者さんが話す内容の詳細はここでは決めません。
詳細については、後日司会者さんに原稿を作成してもらい、それを新郎新婦が確認する、といったやり取りを複数回繰り返します。
その原稿を作成するに当たり、私たちのいろんなことを司会者さんに伝える(教える)必要がありますよね。私たちの場合は司会者さんにメールアドレスを教えて、メールに添付されたアンケートに私たちの回答を入れて返信するという形で原稿の作成を行いました。

アンケートですが、聞かれたことに対して一行程度で返信するのではなく、できるだけ詳細も書き、さらにはエピソードなんかも付け加えておくといいと思います。話を膨らませるのは司会者の仕事かも知れません。でも、出席者の皆さんに楽しんでもらうには、できるだけお二人の生のエピソードを伝えることが一番だと思います。

最終原稿の確定

何度か司会者さんとメールでやり取りし原稿を完成させます。
そして式の1週間前頃に最終確認として司会者さんと電話で確認を行います。最初の打ち合わせでやったように、当日の進行表に合わせシミュレーションをし、今度は原稿を入れて読み合わせも行います。(司会者さんによっては直接お会いしてということもあるかもしれません)

当日

披露宴の直前に、お二人は衣装室に入ります。(外では招待者の受付などを行っているときです)
そこで司会者さんと再度会って再確認事項があれば確認します。私たちは当日の朝に入籍する予定でしたので、入籍が無事に終わったかどうかの確認を行いました。

コメントは管理者が承認した後に表示されます。

コメントを残す