ディズニー・フェアリーテイル・ウェディング(FTW)

打ち合わせ (1回目)

ここでは1年後の挙式日を予約したという形で説明しています。
1年未満の日程で予約した人は日付や期間を置き換えてください。
また「打ち合わせ」カテゴリの順序をご自分の状況により入れ替えてください。

半年前頃に自分たちの担当者さんから、これからの挨拶と第1回目の打ち合わせの日程についての連絡があります。都合がよい日時を予約してブライダルサロンまで足を運びましょう。(遠方の方は電話での打ち合わせになることもあるようです)
第1回目の打ち合わせの際に必要なことも伝えられます。忘れないように準備しましょう。

第1回目の打ち合わせでは、自分たちの担当者さんと初めて顔を合わせることになります。約半年間で何度も会いお世話になることになります。相談にもたくさん乗ってもらうことになります。私たちはとても良い担当者さんに巡り合うことができ、すごく親身になって相談に乗ってもらいました。

打ち合わせでの必需品

打ち合わせには「ブライダルブック」「筆記用具」「メモ帳」は必ず持参しましょう。スマホやタブレットなどにメモを取るということでもいいと思います。ノートPCを持参してる人も中にはいらっしゃいました。

第1回目の打ち合わせでやること

1.打ち合わせスケジュールの確認

今後の打ち合わせスケジュールを確認します。打ち合わせ自体は第1回目を含めて計3回行われます。
ここでは第2回打ち合わせと最終打ち合わせの2回分の日程を決めることになります。あらかじめ、都合が悪い日は調べておきましょう。

そして、今後のスケジュールについての説明も行われます。例えば、この日までにテーブルプランを決めますとか、第2回目の打ち合わせでは○○をしますという感じです。

2.招待状の説明と決定

ホテルで注文する場合は、ここでデザインを決定します。
招待状の差出人を「親名義」にするのか「本人名義」にするのかも決定します。
自作の場合は決められた期日までに担当者さん宛てに郵便なりFAXなりで送り文面をチェックしてもらうことになります。

私たちの場合

自作すると早々と決定していましたので、あとは文面を考えるだけの状態でした。担当者さんに自作するという旨を伝えると、文面はサンプル(ホテルオリジナルの招待状で使うもの)をいただきました。

自作用のアイテムはあらかじめサンプルを取り寄せておき、一番自分たちのイメージに合うものを選択し作成しました。作成後、招待者に送るのと同じように封をし、別途封筒に入れ担当者さんに郵送しました。でも、実際はそのレベルまでやる必要はなさそうでした。^^;;
担当者さんがチェックするポイントは文面と規約の違反(例:自作のミッキーマークとか)が使われていないかという点だと思います。
なので、実際は普通の紙で郵送とかFAXでもいいのかなと思います。その辺は担当者さんによって違うかもしれませんので、どのレベルでチェックしてもらった方がいいか確認してみてください。

3.テーブルプラン+進行表の説明

テーブルプランと当日の進行についての説明があります。テーブルプランというのは「上司をこの席に配置して、親戚はここに…」というアレです。どこが一番格が高い場所で、5人しか座らないテーブルであれば高砂に背を向けるところに椅子は配置しませんとか、一般的なお約束事を説明してもらえます。これは、なかなか重要なことなのでしっかりと聞いておきましょう。

なお、テーブルプランは最終打ち合わせの際に決定版を提出することになります。ちなみに最終打ち合わせは招待状の返信期日あたりに行われます。

進行表の説明も行われます。入場から始まり、挨拶、キャラクター登場、ケーキ入刀、乾杯、衣装チェンジ、余興などの大まかな進行について説明されます。呼ぶキャラクターも聞かれますので、ミッキー&ミニー以外で呼びたいキャラクターを決めておきましょう。(呼ぶキャラクターは後で変更は可能です)

私たちはチップ&デールとドナルドが大好きなので5キャラクターを呼ぶ予定でしたが、担当者さんから「ドナルドだけでいいですか?」と言われ、さびしそうにするデイジーの顔を思い浮かべると…「じゃあ、デイジーも」となりました(苦笑) うーんキャラヲタですねぇ(笑)
ミッキーとミニーはプランに含まれているため、倹約のために披露宴会場にはミッキーとミニーを、ガゼボにはドナルドとデイジーを呼ぶというカップルもいるみたいですよ~。

話がそれましたが、キャラクターの登場+ケーキ入刀と乾杯以外については順序に特別な決まりはありません。お二人が「こうしたい」という進行表を作成しましょう。(と言っても大体決まりきっていますが)進行表は第2回打ち合わせの際に、下書きを担当者さんに提出します。担当者さん経由で司会者さんに渡ります。

キャラクターの登場とケーキ入刀はセットですのでこれを離すことはできません。さらに乾杯はキャラクター退場後に行う必要があります。(キャラクターとアルコール類の共存不可のためです) ここが一般的な披露宴と違うところです。ディスニーの披露宴は乾杯が後回しになるため、時間的にも、「キャラクター登場、ケーキ入刀、乾杯」はセットで行うと思っておきましょう。

4.引出物の案内

引き出物はこんなものがありますという説明が行われます。2回目の打ち合わせまでに予算や品数など決めておく必要があります。

5.BGMの案内

披露宴で流すBGMですが、キャラクター登場時などはすでに指定された曲を流すことになります。逆に言うと指定されていないところでは、どんな曲を流してもいいのです。アンバサダーホテルのサンプルCDを借りることができますので、あまりこだわりがない人はそのサンプルCDの中から選ぶといいと思いますし、選ぶことすら面倒な場合はお任せでもいいと思います。
ただ、せっかくの二人の披露宴なので、思い入れのある曲を流すことをぜひオススメします。私たちはディズニー関連のCDをレンタルしまくり入場曲から退場曲まで、自由に流せる部分はすべて指定しました。

6.オリジナルリング、ハネムーンの案内

アンバサダーのオリジナルリングやハネムーンの案内があります。私たちはリングはすでに別のお店で頼むことにしていて、ハネムーンはどうせ金をかけるならミラコスタに泊まるという考えだったのであまり関係ありませんでした。ハネムーンはJTBの方がサロンに常駐しており、少しお安く行けるようです。

以上が第1回目の打ち合わせで打ち合わせされる大体の項目になります。

コメントは管理者が承認した後に表示されます。

コメントを残す